大きくする 標準 小さくする

2007年06月01日(金)更新

「日本知的障害者水泳選手権大会」が10年を迎えます。

G290054511010504_vw.jpg

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0530ke31090.html

第10回「日本知的障害者水泳選手権大会」が、
スイマー憧れの横浜国際プールで
6月17日(日)行なわれます。

きっと、NHKの昼のニュースで放映されたと思います。
毎回NHKの放映スタッフがプールを訪れてくれます。

070601titekishougai-2

4泳法のマークが日本知的障害者水泳連盟の
シンボルマークとして使われています。

10年前のことになりますが、この協会を発足するにあたって、
関係者から連盟のシンボルマークが
ほしいということになりました。

知的障害を持ちながらも水泳を愛するみなさんに
とってどういうシンボルマークを考えたらいいのか、
考えたあげく、水泳といえばやはり四つの泳法、
クロール、ブレスト、バタフライ、バックの泳法です。

当社のマイバックシリーズを思い起こし、
この四つを組み合わせたマークをシンボルマーク
とて提案しました。

この4泳法のマークが日本知的障害者水泳連盟の
シンボルマークとして使われていることは誠に光栄です。

知的障害者水泳について、ここまで私の気持ちを動かしたのは、
知的障害者のスポーツ指導者、及川栄子さんの存在です。

及川さんは永らく知的障害者の指導者として
大変なリーダーシップを発揮しておられる。

及川栄子さんの情熱についつい吸い寄せられて、
何かお手伝いしなくてはと思って今日まで
10年、知的障害者水泳のお手伝いをしてきました。

070601titekishougai-4

おりしも、5月27日の読売新聞のトップページには、
知的障害者に職場経験の記事がのっています。

毎年のことながらフットマークでは、全国から参加する
選手のみなさんに記念になる参加賞を
プレゼントさせていただいてきました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S
<<  2007年6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30