大きくする 標準 小さくする
次ページ

2009年05月24日(日)更新

めったに持ったことがない針と糸・・日曜日の針仕事

DSC00271.jpg

「これ頼むわ」

わが身の回りで、家内への頼みごとで一番多いのは、
ワイシャツのボタン付け

(今日は、日曜・・ボタン付けくらいやってみるか・・・)

DSC00272.jpg

ワイシャツのボタン付けをやっているうちに
黒いセーターの袖口のほつれも思い出し
針仕事をやってみました。

小学校のときの家庭科で雑巾を縫ったことが
思い出されてきました。

針と糸なんて誰が考え出したのでしょうか?
特に張り穴を発明したのはすごいことです。

これから100年経っても針と糸は
生き残っているように思えました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴ

2008年11月27日(木)更新

まさか!の転倒。左腕を骨折、入院と介護の隙間が見えました

この2年の間、ショートスティ、ディサービス、3ヶ月の入所によって
母はまずまずの健康を維持して在宅介護を続けてきました。

今回のショートスティから帰ってくると
介護老人保健施設でお世話になった効果が目に見えて、
動きが改善していたことに家族はびっくりしました。

家の中を車椅子で移動することが多かったのですが、
今回の帰宅時からすこぶる快調で、
杖を突いて一人で居間に出てくることがたびたびです。

介護老人保健施設での生活リハビリが相当よかったのだと思います。

家族もびっくりする改善ぶり、母の身体の動きがまるでいいのです。

天気がいいので、日向に出て一人で日光浴!
「ずいぶん調子がいいじゃないか・・・・・」

しかし、午後の3時頃に家内が帰宅してみると
日本間に母が倒れていました。

「痛い・・痛い・・・・・」腕をさすっています。

今まで幾度か転んでいますが、転び方が良かったのか
すべて事なきを得てきました。

今回は少し様子が違うようです。

早速病院に電話・・・
「救急車で救急外来に来てください!」

レントゲンを見せていただくと、左腕が折れています。

「左腕の骨折は2、3ヶ月固定して骨がつくのを待ちましょう。
三角巾をしてストレッチのバンドで固定します。

腕の骨折では急性期の対象になりませんかから、
入院にはなりません」

「そうですか・・・・・困ったなぁ・・・・・」

下半身の骨折は急性期の対象として入院の対象になるのですが
腕の骨折は入院の対象にならないことがわかりました。

介護の現場を何度も経験してきたお陰で
介護保険制度の見えるところ、見えないところ、
介護で困ることは何か?
ずいぶんわかってきました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴ

2008年03月09日(日)更新

私の血圧測定、脈拍測定の記録帳

私は朝6時10分前にラジオが小さく鳴って目が覚めます。

まずは血圧測定、枕元にある家庭用の血圧計を取り出して・・・ブー・・

夜、寝る時に最後にやることは、朝と同じ血圧測定です・・・ブー・・

朝の血圧は、120前後と80前後、脈拍が62前後です。
夜の血圧は、100前後と65前後、脈拍が80前後です。

血圧計ですが、ついでに脈拍も表示されます。

朝はほぼ変わりませんが、夜はお酒を少々飲んだ時、
風呂から上がった時によって、結構変化します。

おおよそですが、朝より夜が血圧は低いです。
医者もそう言っていたことを思い出します。

こんな毎日の日課ですが、続けています。
朝は計っても自分の予測と結果が同じなので測る必要もないのですが、
最近になって、「測る」ことの重要性に気がつきました。

毎日「測る」ことによって、健康に気をつける気持ちが湧いてきます。
結果よりも「測る」ことで意識を継続することが
強いては健康につながるんだということに気づきました。

人それぞれ健康状態が違い、健康管理の仕方が違うのですが、
健康に対する意識を維持していくことって大事ではないでしょうか。

以前つけていた万歩計も同じなのか知れません。
万歩計をつけていると、どれくらい歩いたかは、
2ヶ月もつけていると万歩計の表示を見なくても
大体言い当てることができます。

10分歩くと1000歩というのが私の歩く時間であり、
私の歩く歩数です。

万歩計をつけて記録していることが、
歩くことの意識を高めていくのかと考えました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴ

2008年01月12日(土)更新

9連休・3連休の後の体重は果たしてどうなったんでしょうか

3連休の初日体重計に乗ったところ、12月よりやや減って62キロでした。
私の体重は例年のごとく1月になって62キロに落ちました。

私の年間体重の推移は、7月、8月くらいから増えて63キロを少し上回りますが、
65キロになったことはありません。

1キロちょっと増える原因はコカコーラだと思っています。
毎年のことですが、夏に大好きなコカコーラは私にとって欠かせません。

このコカコーラを10月位から飲まなくなります。
コカコーラを飲まなくなることが要因かどうかは正確にわかりませんが、
例年は11月後半になると、体重は減り始めます。

この体重パターンは40年以上変化なしです。

この冬は12月に体重計に乗っても、64キロ近くで、
ちょっと心配しました。

(この冬は例年のパターンではないなぁ・・・・・・)
体重計に乗りながら、異変を感じ、いよいよ私も中年の体型、
中年の体重に・・・心配になったこともあります。

しかし、この冬は1月になって62キロに戻っていました。

毎年年賀状を多くの友人・知人と交わしていますが、
この年齢までに何らかの病気をした人が10人中4人位います。

40代、50台でなくなった友人もいます。
ご夫婦のいづれかが亡くなった方もおられます。

健康に気を配りながらも、しっかりやっているのが毎朝40分の
ストレッチ、スクワット、鉄棒のぶら下がり程度です。

親からもらった体質はありがたいです。

この写真は「歩行楽らく」タイツのモデルさんの写真です。
お尻の筋肉と大腿筋部分はここまで若さがありませんが、
私が毎日はいている「歩行楽らく」タイツの姿、
体型は大体こんな感じです。

ah_02.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴNEW

2007年12月18日(火)更新

「テテテテ・・イタタタ・・・ウッッッ・・テテテ・・・」本当に痛いです

「先生、原因はなんでしょうか??」

「冷え、年齢、姿勢、疲れ、これらが重なったんでしょうね」

「それにしても、能の舞台で舞っているような動作になって
 なんとも思うようになりません」

(ウッウッッ ウウウ・・・ててってて・・・
 なんとも情けない格好で、人には見せられませんが仕方がありません)


「まあ・・・・・まあ・・」

「一番辛いのが息継ぎなんです・・苦しくて、息が苦しく・・・・」



「冷えかぁ・・・」(寒がりイソヤンにとっては、いたし方ありません)

思わず家内に、「昔はやったルーズソックスないか?」

Loosesockswp.jpg

さらには、フィールアライナ部の坂本さんにNUKUIの

「ヌクイのルーズソックスバージョン作ってくれないかね?」

NUKUI_tight_1m.jpg

「社長、なに考えてるんですか?」

転んでもタダで起きたくありません。

冷えないソックスでもなくて、腹巻でもなくて、タイツでもないモノを
思いつきました。

思いついたというよりは、あまりの痛さに思わず膝に巻いてしまいました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴNEW

2007年12月16日(日)更新

「イタタタ・・・痛いス・・・」ぎっくり腰かも・・本当に痛いです

加湿器の水を入れようと思って、腰を曲げて床に手をやった瞬間!

「これはまずい・・来たか・・」

ここ数年、ぎっくり腰がなかったのですが、とうとう来ちゃいました。

ズボンはもちろんのこと、靴下を自分の足に履くのがやっと、
息がつけません。

「ウウウウウ・・・ててってて・・・」
なんとも情けない格好で、人には見せられませんが仕方がありません。

休日でも診察してくれる治療院を八百屋さんに教えてもらって
駆け込みました。

自分のウイークポイントは知っているので、
腰をとにかく温めることです。

足浴を一日3回、へっぴり腰ながらやっと痛みが和らいできました。

ぎっくり腰のおかげというのも変ですが、
今月の全員で「本を読む」研究会の本を一気に読むことができました。

痛い思いのなかで、素晴らしい本「たった1行で売る!」に
出会いました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
フットマーク ロゴNEW

2007年12月04日(火)更新

「介護のなぞ」魔法使いが現れた朝食、介護のミカタ(3)

「おはようございます!食事に来ました!」

家内と私「・・・・・・・・」唖然とするばかり。

家内「一体何が起きたんでしょうか・・・・」

私「・・・・・???」



母は20日間の入院生活ですっかり寝たきりに近い状態になリした。
退院後は自宅の部屋で過ごしています。

部屋で過ごすといっても、日本間に置いた介護用のベットと
ベットと隣あわせに置いてあるポータブルトイレ、
ベットから起き上がって、ポータブルトイレへ腰を下ろすのがやっとです。

ベットから下りて両足で立つのがやっとです。
何度もよろけて助けを求める状態です。
畳にしゃがみこんでしまったら自分の力で立ち上がれません。

病院でヒントを得たナースコールならぬ自宅の呼び出しホーンとでも
いうのでしょうか、しゃがみこんでしまって、
非常用のボタンを押すと呼び出し音が鳴ります。

一日10数回すぐ隣のポータブルトイレで用事をたします。

トイレのほかにはキッチンから家内が運んでくる三度の食事を
ベットに腰をかけてやっと一人で食事を取るのが精一杯です。

昨日までこんな状況で生活していた母ですが、
今朝、家内と私が朝食を食べていると

自分の部屋から食卓まで4、5メートルある廊下を
杖をついてだと思いますが、ガラリと食卓のある部屋のドアを開けたのです。

家内と私思わず顔を見合わせました「・・・・・・・・」唖然です。

一体全体どうしちゃったんでしょうか・・・・・
一夜にして何がおきたのでしょうか????

「介護のなぞ」は深まるばかりです。

まさか食事のときに必ず着けていた「うきうきエプロン」が味方してくれたのでしょうか。

http://www.fbs.co.jp/mentai/index.html

介護のミカタ(味方)になる。ミカタ(味方)を増やす。ミカタ(見方)を変える。

4910cf68-s.jpg


つづく・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2007年11月25日(日)更新

肺炎が致命傷になることが多い、介護のミカタ(2)

介護のミカタ(味方)になる。ミカタ(味方)を増やす。ミカタ(見方)を変える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医者の話をまとめると、

「この肺炎は肺炎球菌による発症で熱がでて、
呼吸が少し困難になっているので抗生剤と点滴で治療をしています。

肺炎球菌(多剤耐性)でもかなり抗筋力が強く、
抗生剤が効きにくいうえにクレブシコラなどへの菌交代現象をおこしています。

従って、肺炎によって呼吸状態が悪化、
全身状態が悪くなり致命的となることがあります。
入院中に高齢のために急死することも考えられます。」

との説明です。

「今後、予測されることは何でしょうか??」

医師「リスクが現れたときに侵襲的処置(延命を目的とした最終的な処置)として
4つがあります。

その処置ををするかしないかの判断を家族がしなくてはなりません。

人工呼吸器ににつなぐ
強心薬を使う
心臓マッサージをする
電気ショックを行う

4つのいずれを行っても、本人の意識はなく、高齢であるため回復は望めないこと、
また一度これらの処置をすると外すことができません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづく・・・


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2007年11月23日(金)更新

怖い怖い肺炎から脱出しました、介護のミカタ(1)

介護のミカタ(味方)になる。ミカタ(味方)を増やす。ミカタ(見方)を変える。

4910cf68-s.jpg

お年寄りの死因の上位を占める「肺炎」、癌、心臓病、脳障害などの生活習慣病と同じ
くらい恐れられたいます。

お年寄りが風邪をこじらせて肺炎にかかる、
肺炎で痰が詰まって呼吸困難に陥った話をよく聞きます。

肺炎で食べ物が気管支に入って息を詰まらせる。
新聞やテレビで著名人が亡くなって、死因は「肺炎」と聞くことが多いです。

年齢を重ねた人が集まると病の話が出てきます。
健康な人は病気の話になると、自分にはまだ縁がない話には耳に入ってきません。
もっともだと思います。

病気を持っている人は、自分の病気に近い話には耳をそばだてます。
病気の情報はお年寄りにとって一番の話題になります。

当たり前のことですが、何事も自分にとって関心があることは
アンテナが立っているので吸収されたいきます。

11月始めに急に容態が悪くなった母親が救急車で
緊急入院しましたが、肺炎と診断されました。

20日ぶりに怖い怖い肺炎から脱して退院することができましたが、
肺炎が直った要因を医師にたずねたところ、
「肺炎球菌を治療することができました。免疫力があった」というのことでした。

病院でも自宅でも食事の時に活躍してくれたのが、
うきうきエプロンです。

「うきうきエプロン」は、介護のミカタです。

http://www.fbs.co.jp/mentai/index.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2007年10月09日(火)更新

「私の健康習慣-1日の始まりは3つの運動から」日経経営ビジネス 10/9号

______________________________

5年ほど前から、毎朝、3つの運動をするのが習慣になっています。

1つ目はストレッチ体操。私は弾力のない畳ベッドを愛用しているので、
目覚めたらそのままベッドの上で30分間、
仰向けやうつぶせになって、全身をゆっくりと伸ばしていきます。

2つ目はスクワット運動です。
これは、産学連携プロジェクトで知り合った、
東京大学身体運動科学研究室の渡會公治先生から教えていただきました。
まず、部屋の角の壁に背を向けて、両足の外側をそれぞれ壁につけるようにして立ちます。

顔は真っすぐ前を向き、お尻と足の側面を壁に沿わせたまま、
イスに座るようにゆっくりと腰を落とします。

再びゆっくり元の姿勢に戻り、これを40回繰り返します。

ここでかなり息が上がるので、吐くことを意識した深呼吸を50回ほどして休憩を。
そして、自宅の天井に作りつけた鉄棒にぶら下がり、50呼吸数えます。

3つの運動を終えると、約45分ほどになるでしょうか。

仕事で帰宅が遅くなると、
「明日は休んでゆっくり寝よう」と思うこともあるのですが、
朝になると自然にストレッチを始めています(笑)。

でも、この習慣のおかげで心身がリセットされて、
すっきりとした気分で1日を始めることができています。

________________________________


先日「私の健康習慣」と題せて取材にお越しいただいたのが
日経ビジネスの田村さんです。

こんなにわかりやすく素敵に表現してくださってありがとうございました。

すでに5年近く継続しているので
当分この3点セットは長続きすることでしょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人を想い、笑顔を創る。
 すべては「健康快互」から。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

フットマーク 経営理念 『お客様が第一』 フットマーク 経営の目的 お客様の喜びを創造する 社員のやりがいを創造する 価値ある会社を創造する フットマーク 経営の基本方針 お客様第一をどこまでも追求する...

詳細へ

個人プロフィール

私が介護という言葉を創りましたフットマーク株式会社3代目磯部成文(いそべしげふみ)です。「お客さまの喜び・社員のやりがい・価値ある会社」の創造をめざし日々新しいことを考案中。現場・現実・現品を大切にし、忙しくもあり喜びも大きい毎日です。

詳細へ

<<  2017年2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 【ブログピックアップ】フットマーク 磯部成文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは フットマークの磯部成文さんです。  ...
  • 【ブログピックアップ】フットマーク 磯部成文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは フットマークの磯部成文さんです。  ...
  • 象印 from 商品豆知識
    象印マホービン株式会社(ぞうじるしマホービン、英: Zojirushi Corporation)は、大阪府大阪市北区天満に本社を置く炊飯器、電気ポット、ホットプレートなどの家庭用調理器具、空気清浄機などを製造する会社である。IH炊飯器、ジャーポットのシェアでは国内トップシェアを誇..
  • お年賀ブログ~子育て編~保育園のありがたさ(働く母) from ベビー&マタニティ水着大きいサイズ水着水泳小物のフットマーク...
    公立の保育園に通う息子は明日から出勤です。先生方も明日から通常出勤ですが、実は特別保育を正月も祝日もやっているのです。そりゃそうです。私達が休みで浮かれているときに接客してくださる方々にも家庭があり小さなお子さんだって居るでしょう。幸いなことに、ウチの...
  • 【ブログピックアップ】フットマーク 磯部成文さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは フットマークの磯部成文さんです。 ※昨日...