大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2006年07月26日(水)更新

医学博士、須藤明治先生が来社(中)プール熱

須藤先生にプール熱のことをお問い合わせしたら、
早速、次ぎのように教えてくださいました。

先生は、専門的な視点から教えてくださる、いわばフットマーク
にとっては大変強い味方です。

「プール熱についての原因と予防方法」

毎年、夏になると循環ろ過のないビニールプールや公園の
噴水・水遊び場を通して、子どもたちの中で流行することが
多いので一般的にプール熱といわれています
「咽頭結膜熱」。

発熱やのどの痛み、結膜症状などを主とする小児の急性の感染症です。
数種のアデノウイルス
(感染力が強く、胃腸炎やぼうこう炎の原因菌でもあります。)
により発生します。

夏に多く流行することや、昔、滅菌消毒をしないプールで
感染したことから"プール熱"というありがたくない名称が
ついてしまっています。

感染経路は、プールなどでタオルを共用したことが原因と
されるという報告や通常飛沫感染、
あるいは手指を介した接触感染などです。

結膜あるいは上気道からの感染が主たる原因と言われています。

現在の整備されているプールでは、厚生労働省や文部科学省、
或いは各地域の保健所により定められた水質基準に則って
24時間水質管理を行っています。

ですから、プール水にアデノウイルスが活性生存し、
それによって感染する可能性はゼロといっても過言ではありません。

プールに入る前には、体をよく洗い、プールに雑菌を
持ち込まないようにし、プールから出た後もしっかり、
目を洗い、シャワーをよく浴びることが大切です。

また、日常生活上、実施しなければならないことは、
外出後のうがい、手洗いなどです。

主な症状は、咽の痛み、結膜炎、発熱で、感染後5~6日で
発症すると言われています。

今では、喉の粘膜から採取したサンプルから10分程度で
簡単に診断できるキットもありますので、疑いのある場合は、
医師の診断の上、適切な対処をお取り下さい。

十分な栄養と休養をとることで自己免疫力を上げることも大切です。

060620hana-9
___________________________
--
磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2006年07月25日(火)更新

医学博士、須藤明治先生が来社(上)水泳教師教本

「この本のある章を私が執筆しています。
フットマークさんに私から寄贈します」

「先生、ありがとうございます」

060725sudou-sensei-1

「先生!すごい本ができましたね。

財団法人日本水泳連盟と社団法人日本スイミングクラブが一緒
編集するなるなんてはじめてではありませんか」

それと「水泳」とはいいながら、赤ちゃん、妊産婦、高齢者に
水泳、水中運動まで網羅されてます。

水泳はほんとうに赤ちゃんからお年寄までできるスポーツ!
ほかに赤ちゃんからお年寄までできるスポーツなんてありません。

こんない分厚いページになっているんですね
2.5センチの厚さです」

060725sudou-sensei-2

「これ一冊で水泳のことがすべてわかります」

___________________________
--
磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2006年07月24日(月)更新

なぞの物体 その17「殿中でござる!」

「頭寒足熱」って、言い古された言葉ですが、
健康を語るとき必ず必要なキーワードです。

060724asino-hukuro

冬場は温かくするのですが、夏場はついつい、うっかりしています。

高橋さんに縫ってもらって、土曜、日曜と試しに履いてみたのですが、
「これは失敗!」
でも、あきらめないでなんとか商品化してみせます。

私は子どもの頃からの習慣で、一年中腹巻をしています。
夏はついつい上掛けを剥いでしまうことが多いです。

お腹を冷やさないって、健康上大事です。

江戸時代の人も腹巻していたんだと思います。

___________________________
--
磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2006年07月23日(日)更新

「すごい!カブトムシがこんなに沢山」

「すごい!カブトムシがこんなに沢山」

暗がりに親子が何を?????

060723kabutomusi-2

060723kabutomusi-4

060723kabutomusi-6

「シゲフミさん、つい4、5日前にかえったんです」

060723kabutomusi-5

「だって、一年がかりでしょう????・・・・」

060723kabutomusi-7

「そなんです。カブトムシはこれから寿命が1ヶ月ちょっとかな・・・」

060723kabutomusi-3

お隣のご長男は、赤ちゃんの時から毎日顔を合わせてきました。
フットマークのカタログをはじめて作ったとき、モデルになって
いただきました。

いわばフットマーク水泳帽子のモデル第一号ということになります。

060723kabutomusi-8

そのご長男がいまでは、小学生のお子さんのお父さんです。

カブトムシを毎年たくさん育てています。

昨夜、今夜は家の前の緑小学校で盆踊りです。

060723kabutomusi-1

___________________________
--
磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S

2006年07月22日(土)更新

カラダが自由に動くのは、水の中だけなんです

060722intervison-2

毎年、毎年ドイツの西川さんから、暑中見舞状をいただきますが、
いつもいつも「水の魅力」が伝わってきます。

今年いただいたハガキには、水の中で運動している姿が写っています。

赤ちゃんからお年寄りまで、カラダが自由に動くのは、
水の中だけなんです。

西川さんは長年にわたって、
日本のインストラクターにドイツの水中運動、水治療の紹介、普及を
行なっています。

「健康は水の中にある」
これは古代ローマ人が生活の中に、健康のために
水を上手く習慣としてとり入れたことを表している格言です。

水の中は、まさに健康にとてもいい環境なんです。

フットマークでは、この「健康は水の中にある」をもとにして
水泳用品の商品化をはかってきました。

060722intervison-1

060620hana-7

___________________________
--
磯部成文@FOOTMARK
http://www.footmark.co.jp/
http://www.ukiuki.jp/
asiato_S
«前へ 次へ»
<<  2006年7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31